面接に受かる方法

目当ての風俗求人面接に受かるためのコツ

風俗で採用されるのは難しい?

風俗の面接=厳しいと思ってる方が多いかもしれませんが決してそうではありません。
そもそも、風俗店は働く女性がいなければ成立しない職種です。
そのため働く女性の年齢層やタイプにさえハマっていれば、そうそう落とされることはありません。

ただごくまれに、厳しい店も存在します。
それは、高級店や超高級店といった、働く女性のレベルやテクニック
おもてなしやスキルなど総合的にこだわっているようなお店の場合です。
風俗嬢の水準を落としてしまえば、それこそ常連客からの信用を落とすことに繋がりますし、格も下がります
そのため、逆にかなり厳しく設定されていることも少なくありません。

それでもなお、合格の基準が高いハイレベルなお店を目指す人は多いです。
何故なら高級店寄りの風俗店であればあるほど、給料も高額となるためです。
自分に自信があるのなら、高級店の求人に応募してまず損はないでしょう。
店の待遇やお客さんの質に関しても、期待が持てます。

ですが、実は高いルックスや経歴を持っていなくても、合格を目指すことは可能なんです。
今回はその裏ワザをこっそりご紹介したいと思います。

自分に合ったお店を選ぶ

風俗と一口にいっても、種類は多種多様です。
それは前述で触れているようなランクの違いのみならず、ジャンルやタイプ、衣装なども含めてという意味合いです。
そのため、いかに自分と合った店を選べるかがポイントとなってきます。
同じ高級店ランクのお店であっても、セクシー系やかわいい系、人妻系などとテイストが違います。
例えば

  • 人妻・熟女
  • ギャル
  • 巨乳
  • スレンダー(スタイルが良い)
  • 素人(風俗の経験がない・少ない女性)
  • などなど・・・

あなたが100点に近い女性でなくても、店に必要な人材であると判断されれば、求人採用の確率は高まります。
自分の特性とお店の特性、それぞれに注目して選んでみると良いでしょう。

礼儀やマナーを重んじた受け答えを

風俗面接のとき、どのような点を見られると思いますか?
かわいさやエロさ、テクニックも重要ですが、実はそれらと同じぐらい見られているのが、受け答えの礼儀やマナーです。
高級店や超高級店ともなれば、ただエッチなひと時を過ごすだけでなく
礼儀をわきまえた、もてなしを楽しみにくるというお客も増えてきます。
これこそが店の格を左右する点ですらあるので、採用可否に大きく影響してきます。
そうした部分が苦手であっても、面接のときはぜひ集中して取り組んでみてください。