お客様とのトラブルあるある

デリヘルとはいえ一人の女の子

デリヘル嬢の機嫌

男性が初めてデリヘルなどの風俗を利用したときついやってしまいがちな失敗があります。
それは、女の子をぞんざいに扱ってしまうということです。
基本的に、女性と親しく接したりエッチなことをすることにお金はかかりません。
日々の中で出会い、仲良くなって関係を深めればそれだけで成立します。
そのため、初めてお金を払って風俗利用する場合
金銭が発生しているのだからこちらがどのような態度であってもプロとして接するのが筋だろうと
ついデリヘル嬢を軽く見てしまいがちなのです。
ですがこれは大きな間違いです。

体を仕事に使うデリヘル嬢も誇りを持って働いています。
女性という部分、いわゆる自分のすべてを使ってサービスするわけですから特にその気持ちは強いです。
そうした理由から、前述のようなぞんざいな扱いをしてしまう男性に対し機嫌が悪くなってしまい態度に出てしまうことは大いにあります。
互いにプレイを楽しむ上でぜひとも避けたい展開ですよね?

機嫌を損ねないよう男性が注意すべきこと

たったひとときの関係性なわけですから
今後二度と会わないと考えると多少機嫌が悪くなっても問題ないと思えるかもしれません。
ですがヘルスサービスは手や口、全身を使ってお客さんを快感へ導く風俗です。
ちょっとした気持ちの変化が、プレイそのものにも大きく影響するもの。
単調で適当なフェラチオや、ただ上下させているだけのような手コキ、無言の洗体なども十分考えられます。
それでは、一定の刺激は得られるもののお客様は心から満足できなくなることでしょう。

また純粋に、機嫌の悪さが目に見えることもデメリットとなります。
自分のことを嫌っているような態度や、とげのある言葉遣いはリラックスを阻害します。
リラックスできてこその勃起や興奮なわけですから場合によってはフィニッシュまで至れない可能性すらあります。
確かに風俗嬢はエッチサービスのプロですが言葉一つでプレイい影響が出るもの・・・
ひとりの女性、ひとりの人間であることも忘れず、真摯に接してほしいものですよね?

良好な関係を築くコツ

機嫌を損ねないことが大切と分かっても、どうすればいいのか分からないという人も多いのは事実です。
風俗は、女性関係が苦手だからこそ利用しているという人も少なくないためです。
機嫌を損ねないよう、むしろ良い気分でいてもらいたいと思っていても
無意識に失礼を言ってしまうといったケースも十分ありえます。

働く側としてできることは
常に笑顔でいること、もし傷つくことを言われた場合「そういうこと言うと失礼だよ」ときちんと話すことです。
態度で不機嫌を表されても鈍感な男性は気づきません。
嫌なものは嫌、嬉しいことは嬉しい。
はっきり言葉で示すことも大事なことです。